介護福祉士は難しい?難易度をチェックしてみよう

介護福祉士は難しい

日本は超高齢化社会と言われるほど、高齢者の割合は増加してきています。

そのぶん介護の仕事も増えてくることが予想され、国家資格でもある介護福祉士は、ますます人気の資格になってくるでしょう。

ここでは介護福祉士の難易度や受験資格などを見ていきたいと思います。

介護福祉士は難しい?

介護は責任を伴う仕事ですから、介護福祉士になることは簡単ではありません。

介護福祉士のテスト自体は合格率が50~60%前後と比較的簡単に思えます。

ですがその受験資格を得るまでは長期の養成期間が必要になります。

ですから介護福祉士は「難しい」ということをしっかりと認識し、油断せずに挑戦しましょう。

いくら難しい資格でも、きちんと勉強していれば受からない資格ではないのです。

介護福祉士の受験資格

ここで気になる介護福祉士の受験資格もチェックしておきましょう。

介護福祉士の受験資格は以下のとおりです。

1、高等学校や、専攻科を含む中等教育学校で所定の教科や単位を取得し、卒業した者
2、専攻科を含む特例高等学校で所定の教科や単位を取得し、卒業した者
3、介護の現場で3年以上(実働540日以上)の従事日数がある者

介護福祉士を目指すには、長期の養成機関が必要になることがお分かり頂けたと思います。

介護福祉士試験の内容は?

介護福祉士の資格試験では、実技科目と筆記科目に分けられます。

実技科目は介護の現場で3年以上の経験がある方は免除となります。

また筆記試験はマークシート方式で行われます。

筆記試験は毎年1月下旬ころ、実技試験は3月頃に行われます。

専門学校で介護福祉士になる

専門の養成施設を卒業すれば、介護福祉士の受験資格を得ることもできます。

2年制以上の専門学校を卒業後、テストに受かりさえすれば介護福祉士になることができます

また福祉系の大学で所定の単位を取得して卒業した方なら、最短1年の養成期間で介護福祉士になることができます。

ちなみに2014年までは、専門学校を卒業すればテストを受けなくても介護福祉士になることができましたが、2016年度からは必ず国家試験に合格しなければならなくなりましたので、注意が必要です。

こちらに、実務者研修(介護福祉士養成)を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る