介護福祉士でユーキャンの講座ってどうなの?

介護福祉士でユーキャン

ユーキャンは通信講座の大手として有名ですよね。

でも評判が良い教材でも、人によって向き不向きがあるのは当たり前。

ここではユーキャンの介護福祉士講座について知っていきましょう。

文字が読みやすい

ユーキャンで使用されている教材は、文字が大きく行間も十分に取られているので、「読みやすい」という印象を持つ方が多いです。

「学生時代から全然勉強していないのよね」という方でも、抵抗なく勉強に取り掛かれます。

ですが普段から文庫本など文字が小さな本に読み慣れている方は、「逆に読みにくい」と思う方もいるかもしれません……!?

ユーキャンオリジナルの問題集

数々の合格実績のある問題集で勉強できるのも、通信講座大手のユーキャンの強みでもあります。

「自分で問題集を選ぶのは大変」、「どの問題集がいいのかわからない」といった方には、勉強を始めてから合格までを一挙にサポートしてくれます。

問題集のバリエーションが豊富

ユーキャンの介護福祉士講座では、通常の問題集に加え、○×式の確認問題集や用語集、過去問など、バリエーション豊かな問題集が届きます。

あれこれ買い集めるのは大変ですが、ユーキャンは教材を全て用意してくれるのがメリットですね。

出題しそうな問題が厳選されている

ユーキャンの介護福祉士講座は、出題しそうな範囲に絞ってテキストが構成されています。

ですから試験合格を目的とするなら、効率的なテキストとも言えるでしょう。

でもその反面、過去に出題されていないような問題形式などは範囲外とされていますので、「信頼はできても万能ではない」という感じでしょうか。

もちろんユーキャンの問題集をしっかり勉強すれば、高い合格率が期待できます。

市販のテキストだけでも合格は可能

ユーキャンの介護福祉士講座は、DVDでの勉強や、プロの手による添削もしてもらえます。

とても便利なのですが、市販のテキストだけでも合格する方もたくさんいるんですね。

ですから必ずしも「絶対にユーキャンがオススメ!」というわけでもないのです。

もちろんユーキャンの介護福祉士講座には多くの実績がありますから、「どの本がいいのか良くわからない」「初心者からの挑戦」といった方には、安心してチャレンジできる講座でしょう。

こちらに、実務者研修(介護福祉士養成)を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る