チャイルドマインダーの働き方について

チャイルドマインダーの働き方

最近注目されてきているチャイルドマインダー。

チャイルドマインダーは保育士などとは違い、さまざまな働き方があります。

ここではチャイルドマインダーの働き方について見ていきましょう。

チャイルドマインダーの働き方はいろいろ

チャイルドマインダーは、自宅で保育を行うケースや、依頼主の家に出向いて保育を行うケースが一般的です。

また複数のチャイルドマインダー同士が力を合わせて、ある程度の人数を同時に保育するようなことも可能ですが、この場合はマネジメント能力も必要になってくるでしょう。

自分や依頼主の都合に合わせて、仕事の幅を広げられるのがチャイルドマインダーの良い所です。

自宅でチャイルドマインダーをする

自宅保育を行う場合は、いわゆる個人経営の塾やピアノ教室のようなもの。

遠い職場まで毎日出勤することも必要ないので、自分のライフスタイルを維持しやすいとも言えます。

自分が知り尽くしている自宅で保育を行うので、仕事に集中できるという良い点も。

ですが自宅でチャイルドマインダーをやっていると、ちょっとした病気などではなかなか休みが取りにくいというデメリットもあります。

依頼主のお宅に出向く場合

これは家庭教師の保育バージョンといえばわかりやすいでしょうか。

ベビーシッターに近い仕事です。

依頼主のお宅で行くとなれば、通勤をしなくてはなりませんが、サラリーマンやOLなどに比べれば柔軟な仕事スタイルであるとも言えます。

依頼主のお宅へ出向く場合は、賃金は時給制の場合が多いです。

チャイルドマインダーは融通がきく

チャイルドマインダーを利用する方に取っては、自分の子供が急に病気になったり、仕事が出張の時など急用の時にも依頼したいですよね。

保育園などでは保育をする時間が決まっていますし、土日などは保育してもらえないところも多いです。

でもチャイルドマインダーは、個人でやっている方が多いので急用の時にも頼みやすいんです。

そんな融通の良さがチャイルドマインダーを利用するメリットにもなり、チャイルドマインダーの仕事の幅を増やすことにもつながっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る