介護事務に受験資格は必要?

介護事務の受験資格

女性人気の介護事務資格。

でも介護事務の資格は、誰でも受験が可能なのでしょうか?

ここでは介護事務の受験資格などについて探ってみましょう。

受験資格は”なし”

受験資格がないということは、誰でも受験できるという事です。

介護に携わる仕事は学歴などさまざまな要件がある場合も多いですから、これは嬉しいですね。

将来介護に仕事をしたい方は、まずはこの介護事務の資格を目指してみるのもオススメですよ。

試験内容は?

介護事務の試験は、実際の仕事でも重要なレセプトを間違いなく作ることです。

ですから暗記などはほとんど必要なく、テスト中もテキストを見ながら作業することも可能になっています。

どのくらいの期間で合格できるの?

介護事務の勉強期間は、一般的には3~4ヶ月ほどだと言われています。

少し長めですので、独学で合格を目指したいという方は勉強計画をしっかり立てたほうが良さそうです。

ラクにこなせるくらいの計画を建てたほうが、長続きしやすいです。

合格率はどのくらい?

介護事務資格の合格率は50%前後です。

難易度は少し易しいといったところ。

2人に1人は合格できる資格ですから、油断せずに努力を続ければ一発合格も夢ではありません。

効率的な勉強方法は?

介護事務の勉強方法は、ユーキャンなどの通信講座を利用するのがおすすめ。

通信講座に申し込むと、12ヶ月設定されている受講期間中は在宅受験が可能になるのです。

仕事が忙しいOLの方などには嬉しい制度ですね。

また通信講座は勉強計画などもしっかり計算されたテキストになっているので、あなたは勉強のみに集中できるのです。

通信講座は添削制度も充実していて、プロの講師によう添削が受けられるのも合格への近道ですよ。

これまで介護事務の受験資格などを見てきましたが、介護事務の資格は基本的なポイントをしっかりと押さえていれば合格できる資格です。

試験の直前に急に勉強を始めるといったことがなければ、かなりの確率で合格を目指すことができますよ。

こちらに、介護事務を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る