ケアマネージャーに合格するための勉強方法をとっておき解説

mane4

仕事がしたい、国家試験に合格するためにはどんな勉強をすればいいのか?

と考えている人は年々増えているようです。

そして、ケアマネージャーになりたいという人が増えれば増えるほど、レベルも上がりますから、試験の難易度も高くなっていきます。

ここ数年のケアマネージャー国家試験結果を見ても、15~20%の合格率ですから、かなり難易度が上がってきているといえます。

また、ケアマネージャーの質を上げるという意味でも、試験問題のレベルが上がっているのです。

ではこのケアマネージャー試験に合格するための勉強方法ですが、ケアマネージャーの国家試験には、「介護支援専門員基本テキスト」というものから問題が出されています。

ですから、このテキストを全部覚えれば、ケアマネージャーの試験には合格できるということになりますね。

ただしこのテキストは、ものすごく分厚いですし、隅々まで覚えるには膨大な時間がかかります。

丸1年かけて覚えればなんとかなるかもしれませんが、できればもっとポイントを絞って勉強をすることをおススメします。

ケアマネージャー支援に合格する一つの方法として、通信教育を活用するということも考えてみましょう。

通信教育であれば、ケアマネージャーの試験にあわせて勉強をすることができるので、どこから手をつけていいかわからない、ということがありません。

しかも、サポート体制もしっかりしているので、わからないことがあった場合には、いつでも質問して解決することができるでしょう。

模擬試験や添削問題があるので、働きながら勉強をする人には、とても効率よく進めることができるはずです。

また、通信教育は費用がちょっと・・・

と思う人は、ケアマネージャーの通信講座を開設している団体の問題集を使うのもおススメです。

一人でこつこつ勉強するのが苦手ない人は、やはり通信講座かもしれませんね。

自分にあった勉強方法でケアマネージャーの試験に合格しましょう!

こちらに、 ケアマネジャーを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る