ケアマネージャーを独学で合格するために必要なこと

ケアマネ独学

ケアマネージャーの資格に興味があって、試験を受けようと思うが、独学での勉強はあまりおススメできません。

確かに、ケアマネージャーの勉強に限らず、独学というのは費用がとても安く済みます。

必要な参考書や問題集などを購入するくらいでいいでしょう。

そしてなんといっても、自分のペースで勉強ができるので、時間を気にすることがありません。

働きながらケアマネージャーの勉強をするのであればなおさらですよね。

ですが、ケアマネージャーの勉強を独学でするというのは、かなりの覚悟が必要です。

仕事で疲れてしまい、「今日はやらなくても明日から頑張る」と思ってしまうと、ずるずると予定が狂ってしまい、いつの間にかやる気もうせてしまいます。

なんとしてもケアマネーなーの試験に合格するんだ!

という強い意思がないと、独学で勉強をするのはとても難しいといえるでしょう。

また、ケアマネージャーの試験勉強はとても範囲が広いので、ポイントを絞って行なわなければいくら時間があっても足りません。

ケアマネージャーの試験日までの計画を立てて、それに沿って勉強をする自信がないという人は、独学ではなく他の方法も検討したほうがいいかもしれません。

ケアマネージャーの勉強ですが、独学のほかには、通信教育がおススメです。通学して勉強を・・・

と思う人もいるかもしれませんが、ケアマネージャーの場合、資格を取りたいと考えている人の多くが、仕事をしながらの勉強となります。

看護師や介護福祉士などは、時間帯も不規則なので、通学すること自体が難しい状態です。

そこで、通信教育なら、自分の生活に合わせてケアマネージャーの試験勉強ができます。

試験日に合わせてカリキュラムが組まれていますし、ポイントを絞って勉強することが可能です。

テキストがわかり安いというのも、通信教育のメリットではないでしょうか。

毛マネージャーの試験は、1年に1回しか行なわれませんから、勉強して確実に結果を残すのであれば、通信教育での勉強を前向きに検討してはいかがでしょうか。

こちらに、 ケアマネジャーを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る