メンタルヘルスマネジメントの必要性について考えてみる

メンタルヘルスマネジメントの必要性

近年「心の健康」についての関心が高まってきています。

日本は自殺大国といわれることもあるくらい、人口に対する自殺者の割合が高いのです。

メンタルヘルスマネジメントはこうした自体を少しでも防ぐため、会社従業員の心の健康を保つためのプロを養成するための資格です。

ここではメンタルヘルスマネジメントの必要性について考えていきたいと思います。

申込者数が3倍に増加している

メンタルヘルスマネジメントの資格ができてから、わずか6年で試験の申込者数が3倍にまで増加しています。

その数は35,000人以上です。

会社でのストレスを抱えていない人の方が少ないというほど、ストレスは社会全体に広がっています。

ですから今後さらにメンタルヘルスマネジメントの申込者数が増えてくることが考えられます。

世の中にメンタルヘルスマネジメントを学ぶ方が増えてくれば、完全にストレスが消えることはなくても、少しでも快適な生活が送れるようになるのではないでしょうか。

労働者の約6割が強いストレスにさらされている

日本で仕事をしている方の実に約6割もの方が仕事で強いストレスを感じている、というデータもあります。

軽いストレスなら頑張るための刺激にもなりそうですが、この「強いストレス」が厄介なのです。

日頃から強いストレスをさらされ続けていると、あるとき急にうつ病になったり、内臓の病気になってしまったり。

日本人は几帳面な性格と言われていますから、海外の人達よりもメンタルヘルスマネジメントの必要性があるようにも思えます。

メンタルヘルスマネジメントを学んで仕事に活かすことができたら、多くの人の心を救うことにもなるかもしれません。

資格を取得する

メンタルヘルスマネジメントは、書籍などで個人的に勉強することも可能ですが、やはり資格として保持しておくと、自信を持って仕事に活かすことができます。

メンタルヘルスマネジメント検定について全くの初心者という方は、通信講座などを利用すると効率的に勉強できますよ。

こちらに、 メンタルヘルスマネジメントを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る