医師事務作業補助者を通学で取得するには

医師事務作業補助者を通学

徐々に注目されてきている医師事務作業補助者。

今後ますますニーズが増えてくることが予想されますので、スクールに通って取得しておきたい資格の1つです。

ここでは通学で医師事務作業補助者の受験資格が得られる、3つの講座をご紹介していきたいと思います。

自分にあったスクールを選ぶことで、資格取得へのモチベーションも上がってきますね!

ニチイの医師事務作業補助者

「ドクターズクラーク」という名前の資格を取得できます。

ニチイの講座は通信講座と通学の両方を組み合わせて行われます。

ニチイの講座は一般コースと経験者コースの2種類あり、経験者コースは3ヶ月の通学が免除となり、通信と通学合わせて2.5ヶ月ほどで終了できます。

オリジナルの教材を使用して、医療現場の専門的な知識を幅広く修得することができます。

受講料は一般コースが17万円ほど、経験者コースが9万円ほどとなっています。

ヒューマンアカデミーの医師事務作業補助者

ヒューマンアカデミーの医師事務作業補助者(ドクターズ医療クラーク)講座は、36時間の講座を受講することによって、医師事務作業補助者のプロを養成します。

ヒューマンアカデミーのドクターズ医療クラーク講座を受講された方の中には、実際の医療の現場に就職された方も数多くいます。

ヒューマンアカデミーの講座は、医師事務作業補助者資格の合格までしっかりサポートしてくれるので、初学者でも安心して学ぶことができますよ。

受講期間は3ヶ月、受講料は120,000円ほどで、学生やママの方には5%割引も適用されます。

ソラストの医師事務作業補助者

ソラストの医師事務作業補助者は、全20時間の「ドクターズ・オフィス・ワーク総合講座 専修コース講座」で医師事務作業補助者の基礎を習得できます。

講座も現場経験豊富なベテラン講師によるものですので安心。

ソラストの講座を修了すれば、医師事務作業補助者資格である「ドクターズオフィスワークアシスト検定」に挑戦できます。

受講料は8万円ほどで学生割引もありますので、興味のある方はホームページで確認してみましょう。

こちらに、 医師事務作業補助者を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る