調剤事務を独学で資格試験に挑戦

調剤事務の資格を独学

調剤事務の資格を取りたいけど、通信教育やスクールに通うのは……という方。

確かに通信講座やスクールなどはお金もかかりますし、自分のペースで勉強したいという方もいますよね。

ここでは独学で調剤事務に合格する方法を見ていきたいと思います。

受験資格は?独学は可能?

調剤事務の資格は受験資格が必要ありません。

ですからどなたでも受験が可能です。

もちろん独学で合格レベルまで到達するのも可能です。

独学で勉強して見たい方は、どんどんチャレンジしてみましょう。

何時間くらいの勉強が必要か

調剤事務の合格率は60%程度で、勉強期間は3~4ヶ月と言われることが多いですから、最低でも100時間くらいは勉強時間を確保しておきたいものです。

もちろんこれはあくまでも目安ですからそれ以下の勉強時間でも合格できる方もいるでしょうし、それ以上勉強しても合格しない方もいるでしょう。

自分が合格できそうだと思えるラインまでしっかりと勉強することが大切です。

独学での勉強方法

独学での勉強方法で気をつけたいのは、なんとなく勉強しただけで「勉強した!」という気分になってしまうこと。

自分の位置を客観的に判断することが大切です。

そのためには過去問などを利用して、自分が何点くらい取れるのかということを常に把握しておくことが必要です。

独学のメリット

独学で資格を取得するメリットは、あまりお金がかからないということ。

通信講座などを利用すると、やはりそれなりの費用がかかります。

また独学は自分のペースで勉強できるというメリットも。

1年でも1ヶ月でも、自分が満足できるまで勉強できます。

独学がキツくなってきたら

独学にメリットがあるといっても、孤独に勉強するのはモチベーションが保ちにくいというデメリットもあります。

そんなかたは通信教育などを利用しましょう。

通信教育は、ちょっとした疑問や質問などにも答えてくれるというシステムがありますので、資格試験の基礎固めには最適です。

試験までモチベーションを保ちやすくなり、合格率も上がることが期待できますね。

こちらに、調剤事務を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る