手話通訳士の資格取得の疑問にお答えします

手話通訳士の資格取得

手話通訳士の資格取得については、かなり難易度が高いといえます。

国家資格ではないのに何故?と思うかもしれませんが、手話通訳士は厚生労働省が認定している公的資格です。

国家資格に近いといってもいいでしょう。

手話通訳士になるための試験である、手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)は、平成元年から始まり、試験の合格率は平均して20%前後です。これだけでも難易度の高さがわかるでしょう。

では手話通訳士の資格を取得するためにはどんな勉強をすればいいのでしょうか。

手話通訳士になるためには、通信講座や専門の養成機関に入って本格的に勉強し、手話通訳技能試験に合格しなければなりません。

手話通訳士の場合、独学ではほとんど合格できません。

なぜなら、手話通訳士には、手話とともに表情を豊かに伝えるということが求められるからです。

自分の手話が相手にどう伝わっているか確認するためには、自分ひとりの勉強ではかなり難しいといえます。

これは、実際に手話通訳士の試験を受けた人が、自分の経験として話をしてくれたことですから、ちゃんと手話通訳士の資格を取得するためには、確実に結果の出る勉強をすることがポイントなのです。

手話通訳士の資格を取るための養成機関なら、手話の基本的な知識から実技まで、徹底的に勉強することができます。

もちろん通信教育でも、手話通訳士の勉強はできますし、最近の通信教育は、動画やネットを活用して映像を見ながら勉強できますから、手話通訳士の試験を受けるための基礎知識は身につくでしょう。

どんな方法で手話通訳士の資格を取得するかは、自分にあった勉強方法を探すことが重要です。

通学や通信、どちらの手話通訳士の勉強も、まずは詳しい資料を取り寄せて、勉強する内容の確認をしておきましょう。

勉強する期間や費用、試験までのカリキュラムなど、比較をすると、安心して手話通訳士の勉強ができるはずです。後は自分の努力次第ということになりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る