手話通訳士の難易度を知って対策を立てるには

shu3

日本には様々な資格が存在していますよね。

資格というのは必ずなければいけないというものではありませんが、資格を持っていることで活躍することができる場所が増えるという特徴があるのです。

その中の一つとして知られているのが手話通訳士の資格になります。

これは手話通訳技能認定試験と呼ばれる厚生労働省が認定している試験になります。

手話通訳自体は資格がなくても行うことができるものなのですが、この資格を持っているとことにより手話通訳士として通訳をすることができるようになるのです。

この肩書があれば様々な場所での活動を行うことができるようになるので、ぜひとっておきたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、気になるのはこの資格の難易度ですよね。

資格というのは難易度が低いということはあまりありません。

しかし、この手話通訳技能認定試験というのは他の資格と比べても難易度が高く設定されているといわれているのです。

2012年に行われた試験では948人の受験者に対し合格したのは105人といわれています。

合格率は11%程度なのです。つまりこの資格を手に入れるためにはしっかりと勉強をして知識を付けるという必要があるというわけです。

普段しっかりと勉強をしているという人でもなかなか受かることができないものなので、勉強方法は考えなければいけませんよね。

そこで、スクールなどを利用してみるというのがいいでしょう。

こうした資格などに対してのスクールというのは実は多く存在しています。

プロの講師が教えているということも多いので、こうした場所で学ぶことによりしっかりとした知識を身に着けることができるというわけなのです。

最近では自宅に居ながらでもこういった講義を受けることができるところなどもあるので、より気軽に利用することができるようになりました。

まずはどういったスクールがあるのかということを調べてみるといいのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る