手話通訳士になるには

手話通訳士になるには

手話通訳士を目指したい方。

手話は習得するのに長い時間を要するものですが、根強い人気がある資格です。

ここでは手話通訳士になる方法や受験資格などを見ていきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

手話通訳士とは

手話は聴覚障害や言語機能に障害がある方のサポートができる技術です。

もちろん技術があればいいわけではなく、一般教養など幅広い知識も必要になってきます。

手話通訳士の資格を持っている方の約9割が20代~40代の女性です。

もちろん男性でも取得できる資格なので、興味のある方は挑戦してみてはいかが?

手話通訳士の受験資格

20歳以上であればどなたでも受験できます。

また受験日のある年の年度末までに20歳になる方も受験が可能です。

手話通訳士の合格率は?

手話通訳士の合格率は20%~30%前後で、難易度の高い資格といえるでしょう。

手話通訳士になるには知識だけでなる技術も必要になってくるので、日頃の訓練がものをいいます。

手話通訳士の試験を受ける方は高度な技術を持っている方も多く、マークシートだけで合格が可能な資格とは別物と考えましょう。

手話通訳士の勉強時間

一概に「何時間必要」とは言いがたいのが手話通訳士。

手話の専門学校などでは2000時間以上の講義や実習がありますから、かなりの勉強期間が必要になってきます。

また手話通訳士になるには3年以上の手話通訳経験が必要だともいわれていますので、一筋縄ではいかないでしょう。

手話通訳士の勉強方法

手話通訳士の勉強をするには専門学校に通ったり、講習会に参加するという方法があります。

また手話サークルなどに参加すれば、楽しみながら手話の勉強にもなります。

手話通訳士は就職に有利?

手話通訳士の資格は難関ではあるものの、合格すればすぐに就職につながるのかといえば、難しいところです。

ですが障害者福祉施設や市町村役場など、さまざまな場所で必要になってくる職業ですので、取得しておいて損はない資格です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る