介護職員初任者研修は国家資格なのかについて

shonin11

近年では就職する際の資格というのは必須になってきていますよね。

特に介護などの職業などの場合は資格を持っているかどうかで働くことができる職場というのが大きく変わってくるのです。

なので、ぜひ資格は取っておきたいはずです。

介護の資格といっても色々なものがあると思いますが、最近話題になっているものといえば介護職員初任者研修と呼ばれている資格になります。

この資格は旧ホームヘルパー2級と同等の技能を持つものに与えられる資格となっています。

受験資格は特にないので、誰でも受けることができるというのが特徴になります。

ではなぜこの介護職員初任者研修は人気が高い資格なのでしょうか。

それは国家資格に関係しているからなのです。介護士の資格というのはいろいろありますが、介護福祉士と呼ばれている資格は誰でも知っていると思います。

実はこの介護職員初任者研修の資格を持っていると研修を行う際に研修時間が差し引かれるようになっているのです。

つまりこの資格を持っていればそれだけ早く国家資格の介護福祉士を取ることができるようになるというわけです。

国家資格を持っていればほかの資格以上に仕事の幅を広げることもできます。

こうしたキャリアアップにもつながる資格になっているので人気が高い資格なのです。

この介護職員初任者研修の資格を取るためには当然知識が必要になります。

様々なスクールがありますが、基本的には通学か通学+通信教育になります。

そのためまずはどういったスクールに通うのかということをしっかりと決めていかなければなりません。

スクールによって勉強の仕方や費用、教材などが大きく違ってくるのです。

なので、まずは自分に合ったものを見つけるということが大切になります。

そこで、まずは資料請求をしてみるようにしましょう。

インターネットなどを利用すれば一括資料請求などができるようになっています。

まずはこういった方法で自分に合ったスクールを見つけてみましょう。

こちらに、介護職員初任者研修を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る