歯科助手の勉強方法でオススメはこれ!

歯科助手の勉強方法

歯科助手の資格取得を目指しているアナタ。

独学で勉強したいけど勉強法がわからない……という方も多いです。

ここでは歯科助手のオススメ勉強方法を検証していきましょう。

まずは確認!歯科助手の受験資格は?

受験資格はありません。

初めての方でも、どなたでも受験が可能です。

テキストを見ながら受験できる!?歯科助手のテスト

歯科助手の資格試験はテキストをみながら受験できます。

「本当に??」という声もありそうですが、歯科助手の実際の仕事は資料を見ながらこなす場合も多く、実践に則したテスト形態となっているのです。

自分で勉強するとなると、やはりテキストや参考書を選んで買わなくてはなりません。

でも歯科助手の本は本屋さんではなかなか手に入りにくいものもあるんですね。

ですからオススメなのが通信講座

通信講座のテキストはきちんと勉強していれば合格ラインまで到達できるものですので、勉強方法がわからなくても安心して勉強できるというメリットがあります。

ただ通信講座は独学の場合よりも費用がかかるので、お財布と相談しましょう。

お金に余裕のある方は思いきって通信講座にしたほうが良さそうです。

専門学校はどう?

専門学校で歯科助手の勉強をする方法もあります。

専門学校も友人ができたりとさまざまなメリットがあるのですが、1年で100万円ほどの費用がかかることも。

もちろん実習など独学では学べないこともありますが、通信講座だと数万円で済むことを考えると必ず通わなければならない、というようなものでもなさそうです。

資格がなくても歯科助手になれる

資格の勉強以前に、資格がなくても歯科助手になることができます。

「それじゃ受験する意味無いじゃん……」と思っている方もいるでしょう。

でも事前知識がないままに歯科助手の仕事を始めた方によると、新しいことばかりで何が何だかわからないことだらけなのだそう。

ですから多少の知識はないよりは合ったほうが、仕事を始めた時に少しは気がラクになってくれます。

もちろん「資格よりも実践で覚えたほうが早い」というお医者さんも多いということも知っておきましょう。

こちらに、歯科助手を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る