歯科助手の資格を最短で合格するために

歯科助手の資格を最短

歯科助手の資格を、最短で取得するにはどうすればいいでしょうか。

実は歯科助手の資格は、実際に歯科で働いていれば、自動的に得られるのです。

つまり、現場(歯科)で働くことがそのまま資格につながるのです。

歯科助手は、歯科医のサポートをする、文字通り「歯科医の助手」です。

国家資格ではなく、民間資格なので検定試験の名称も、「歯科助手資格認定制度」や「認定歯科助手」、「歯科助手検定試験」など様々です。

認定試験を実施する団体によって、名称が変わるので覚えておくといいですね。

では、そのまま歯科に就職すれば、どのくらいで「歯科助手」の資格が取れるのか?

ということになりますが、一応就職した時点で「歯科助手」扱いになります。

中には、実務の時間数を規定している団体もありますが、歯科助手は、その資格がなくても仕事をすることができますから、必要な期間は存在しないというのが正直なところです。

じゃあそのまま歯科医院に就職すれば大丈夫!と思うかもしれませんが、それもちょっと考えものです。

もちろん、すぐに「歯科助手」となるわけですが、それではただの「雑用係」にすぎません。

おそらく、歯科関係の専門用語など、これまで耳にしたことがない言葉ばかりで、全く仕事にならないでしょう。

経験が重要だといわれる歯科助手ですが、知識が無いまま仕事につくのでは、それが果たして経験といえるのでしょうか。

そこで事前に専門的な知識を備えておくためにも、通信講座などを活用するのが妥当です。

通信講座なら、4~5ヶ月で勉強を修了するところがほとんどですから、何の準備もないまま就職し、イライラする期間をすごすよりも、その時間を勉強に当てて、しっかり働くほうが自分にとっても無駄がないといえるでしょう。

早く仕事をしたい人は「最短で歯科助手を・・・」と考えがちですが、前もって準備をしておくほうが、実際に仕事を始める時に役立つことが多く、ムダではないことがわかるでしょう。

こちらに、歯科助手を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る