社会福祉士のやりがいとは?

社会福祉士のやりがい

社会福祉士のやりがい・・・これは「人から感謝される、役に立てる」ことではないでしょうか。

社会福祉士は、高齢者や障害者また生活に困窮している人から相談を受け、その問題を解決する方法をアドバイスまたは指導するのが主な仕事です。

困っている人の役に立ち、その人たちが安心して生活できるお手伝いができる、すばらしい仕事といえるでしょう。

しかも、一言で相談業務と言っても、その内容は多岐に渡っています。人々が抱えている問題は、その人によって全く違います。

同じような問題でも、その人の生活環境や性格、人間関係など、その人を取り巻く環境によって対応の仕方は全然違うのです。

実際に社会福祉士として活躍している人の話を聞いてみても、一見同じような問題でも、解決方法がうまく合致しないことがほとんどだそうです。前回これでうまくいったから今回も・・・ということは通用しないようです。

さらに、社会福祉士の場合、福祉分野だけでなく介護や医療、法律などにも専門的な知識を必要とします。

一人の人が安心して生活を送るためには、いろいろな分野に精通していなければならないのです。

その勉強をするだけでもやりがいは大きいでしょう。各種の法律が改正されたときなども、社会福祉士はいち早くその変更点に関して把握していなければなりません。

忙しい業務をこなしながらそういった方面での勉強も大変ですが、その勉強が実際の相談業務に生かせたときなどは、「この仕事をしていて良かった」と感じるはずです。

自分のアドバイスが、その人の人生に光を当てることができるかどうか、非常に責任の大きい仕事ですが、その分やりがいも大きいでしょう。

そして、忘れてはならないのが、対応した人からの「感謝」です。この感謝の言葉があるからこそ、仕事を続けていけるという社会福祉士も多いです。

「ありがとう」「助かりました」「おかげさまで」といった言葉が、頑張って仕事をしようという原動力になっているのでしょうね。

こちらに、社会福祉士を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る