社会福祉士になる通信教育を利用するメリット

通信教育で社会福祉士

「社会福祉士を目指して勉強したい」という方には、通信教育を利用するという手もあります。

「スクールに通って実際に授業を受けるのが一番じゃない?」という方も中にはいますが、決して通信教育はスクールの代用ではないのです。

ここでは通信教育のメリットやデメリットについて見ていきたいと思います。

通信教育のデメリットその1:同じ目標持つ仲間を探しにくい
通信教育のデメリットは、同じ目標を持つ仲間が探しにくいということが挙げられます。

通信教育では先生の指導は受けることができても、なかなか社会福祉士を目指している友達は見つけにくいでしょう。

受験勉強のモチベーションを重視したいなら、通学制のスクールも視野に入れて考えてみましょう。

通信教育のデメリットその2:独学よりもお金がかかる

通信教育のメリットその1:時間や場所を選ばずに勉強できる
通学のスクールでは、授業が受けられる時間が決まっていますよね。

でも仕事と資格試験の両立をしたい方の中には、仕事の都合でいつも同じ時間に授業に出席できない、という方がいるんですね。

そんな方には通信教育がオススメできます。

自分の都合の良い時間に勉強できるので、ある程度の時間とやる気さえあれば合格を目指せます。

通信教育のメリットその2:教材選びに困らない
通信教育ではきちんと合格までのカリキュラムが組まれているものが多いです。

ですから与えられた教材をしっかりと勉強していれば、かなりの確率で合格できます。

独学の場合だと教材選びからはじめなければなりませんから、時間の短縮にもなりますね。

現在ではDVDやインターネットを利用して授業を受けることもできます。

通信教育のメリットその3:添削や指導をしてもらえる
通信教育を受講するメリットとしては、きちんとプロのアドバイスを受けられるということ。

メールなどを使って添削や勉強方法の指導をしてくれるのはもはや常識で、進路のアドバイスなども受けることができます。

通信教育を受けたいという方は、これらを積極的に活用して行くのが得策です。

通信教育は独学と比べて金額がかかる傾向にあります。

でもこれはメリットでもあります。

通信教育ではDVDなどを利用しての授業を受けられるので、その分割高になるのは仕方がないことかもしれません。

独学では体験できないこれらの機会を得られるのも、通信教育の特徴でしょう。

こちらに、社会福祉士を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る