社会福祉士の資格を取るための勉強方法の極意

社会福祉士の勉強方法

社会福祉士の資格は、難易度がかなり高いのですが、自分にあった勉強方法を探して合格を目指しましょう。

社会福祉士の勉強方法としては、独学・通信教育・養成機関に入る・スクールに通うなどがあります。

どの勉強方法なら合格率が高いということはありません。

これは自分の生活のパターンをつかみ、それに合った方法を見つけることが先決です。

社会福祉士の勉強を独学で行なう場合には、問題集や参考書にひたすら挑戦します。

過去の試験問題をたくさん解いていくと、試験の出題傾向もわかります。

たくさんの参考書や問題集を用意しても、その数に圧倒されてしまって勉強が進みません。

一つでも多くの問題に取り組み、間違えたところを繰り返し勉強します。

また社会福祉士の勉強方法として、多くの人が取り入れているのが通信教育ではないでしょうか。

通信教育であれば、自分の空いた時間を有効に使うことができますし、試験日に合わせてカリキュラムが組まれているので、計画倒れになることがありません。

勉強のサポート体制もしっかりしていますから安心です。

費用は若干かかりますが、確実に1回で試験に合格したい人は、その期間に必死に勉強することができますよね。

そして通学や養成機関での勉強ですが、社会福祉士の受験資格に、養成機関を卒業するというものがあります。

受験資格に満たしていない人は、この養成機関で勉強するのもおススメです。

ただし、養成機関での勉強は、かなり長期になりますし費用もかかります。

受験資格を満たす方法がほかにないかどうか、検討することも大切です。

それに養成機関でないところに通学して、社会福祉士の勉強をする方法(スクールに通うなど)は、開催しているところが少ない可能性があります。

いろいろなパターンがあるので、資料を取り寄せたりして検討するのがポイントですね。

ただし、社会福祉士の勉強方法をあれこれ探しているうちに、迷ってしまうなんてことがあると時間のロスですから、早めに行動しましょうね。

こちらに、社会福祉士を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る