社会福祉士に働きながらなる方法

働きながら社会福祉士

OLやサラリーマンから社会福祉士になりたいという方、結構多いんですね。

もちろん社会福祉士は気軽に取得できる資格でもありませんし、それなりの努力も必要です。

ここでは社会福祉士の資格を働きながら取得する勉強法について見ていきましょう。

社会福祉士は決して取れない資格ではないんですよ。

普通の会社員から社会福祉士へ!

会社員として働きながら、社会福祉士を目指している方、多いのです。

通勤電車の中で勉強したり、仕事から帰ってきた後に勉強したり、早起きして勉強したり。

社会福祉士の試験に合格するには、150時間~300時間ほどの勉強時間が必要と言われています。

仕事をしながら取得を目指すには、長期的な計画を立てていくのがオススメです。

「仕事をしながら2~3年かけて社会福祉士を取得した」という方もたくさんいますよ。

仕事をしながらだと実習が受けられないんじゃない?

社会福祉士になるには老人ホームなどでの実習を受ける必要があります。

ですが仕事をしながら目指す場合だと「忙しいから実習なんてムリ」なんて諦めてしまい方も。

たしかに実習を受けることは大変ですが、土日も受け入れてくれる施設が多いので、仕事をしながらでも取得は可能です。

実務経験が無いんだけど……

「社会福祉士の資格を取りたいけど、実際に現場で働いたことがない」という方。

たしかに実務経験がある方は就職の面でも有利に働きますが、無理というわけでもありません。

実際に実務経験がなくても社会福祉士として働いている方もたくさんいます。

不安な方は、専門のスクールなどでプロの意見を聞いてみることも必要でしょう。

社会福祉士になるのに年齢制限はある?

年齢制限はありません。

試験会場には60代の方も結構いらっしゃいます。

ただ、社会福祉士として働いている方には30代~40代の方が一番多いですので、なるべく早めに取っておいたほうが良いかもしれません。

若い方のほうが就職しやすいというメリットはあります。

積極的にスクールや通信教育を利用しよう!

過去に自習を受けた経験がある方でも、独学で試験に臨むのは何かと不安があります。

そんな時はスクールや通信教育を利用するのがオススメです。

プロの指導のもとで勉強を進めていけるのので、不安がすくなく自信を持って試験に挑めるでしょう。

スクールや通信講座は受講料はかかりますが、しっかりと勉強すればそれ以上の価値を見いだせるでしょう。

こちらに、社会福祉士を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る