社会福祉士に学歴は関係あるのか

社会福祉士に学歴

「社会福祉士になりたいけれど、学歴って関係あるの?」という疑問をお持ちの方。

社会福祉士は国家資格ですので、試験を受ければ簡単になれるというものでもありません。

ここでは社会福祉士と学歴について見ていきたいと思います。

高卒では無理。しっかりとした教育を受ける必要がある

「社会福祉士になりたい」という方の中には、高卒の方もいます。

でも現在の法律では、高卒では社会福祉士の受験資格が得られないのです。

社会福祉士は、大学や専門学校で専門的な知識や実習を受けて、ようやく受験勉強ができるようになるのです。

ですから高卒で社会福祉士を目指したいという方は、福祉系の大学や専門学校に入ることから始めましょう。

社会福祉士になれる学歴とは?

ここでは社会福祉士の受験資格を見てみましょう。

まず、福祉系の4年制大学を卒業した方は、社会福祉士の受験資格を持ちます。

また一般の4年制大学を卒業した方は、養成施設で1年以上の教育を受ける必要があります。

さらに、福祉系の3年制大学を卒業した方は1年以上の実務経験、2年制の短大や専門学校卒業の方は2年以上の実務経験が必要になります。

社会福祉士試験を受けるための資格を得るにはさまざま方法がありますが、高校卒業から少なくとも4年以上の勉強が必要ということになりますね。

一般大学を卒業した方でも、最低でも1年以上はかかるので、資格取得には長期戦の覚悟が必要になるでしょう。

テストで合格すれば社会福祉士なれるというのもではないんですね。

でも逆に言えば、これらの学歴さえ取得することができれば、後は通信教育や通学のスクールなどでも取得できるわけです。

社会福祉士は難しい資格。じゃあ何で社会福祉士になったの?

社会福祉士になるには長い期間を必要としますが、ここでは社会福祉士になるメリットについて見ていきます。

メリットその1:人の役に立てる
社会福祉士は介護に関わる仕事です。

ですから直接的に「人の役に立ちたい」と思っている方には、やりがいのある仕事です。

社会福祉士は人とのコミュニケーションが好きな方にも向いている職業とも言われています。

メリットその2:公務員なので給与が安定している

社会福祉士の給与は決して高いというわけではありませんが、安定しているのが魅力です。

社会福祉士に限らず、公務員は人気の職業ですね。

いかがでしたか?

社会福祉士は簡単に取れる資格ではありませんが、努力次第で取得可能な資格でもあります。

高卒の方は大学など学校に通うところから、学校を卒業した方はスクールや通信教育を利用して、積極的に資格取得に挑戦してみましょう!

こちらに、社会福祉士を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る