社会福祉士に向いている人と向いてない人の違い

社会福祉士に向いている

社会福祉士の仕事にも、向いている人と向いていない人がいます。

社会福祉士というのは、高齢者や障害者、生活に困っている人などへの相談業務が主な仕事です。

直面している問題に対しての指導や助言を行なうことも多いでしょう。

ですから、社会福祉士に必要なのが「人と接することが好き」「人の話を聞くことができる」などのコミュニケーション能力です。

社会福祉士に向いている人は、このコミュニケーション能力がある、ということになり、必然的に社会福祉士に向いていない人はそれがないということになりますね。

相談業務というのは簡単そうに聞こえますが、社会福祉士の場合、内容がかなり複雑です。高齢者や障害者だけでなく、生活に困っている人の相談にも応じなければなりません。

人の相談にのるということは、人と話をすることが好きでなければつとまりません。

そして人の話をきちんと聞くことも大切です。人の話を最後まで聞けずに、話の腰を折ってしまうようでは、その人が困っていることや、解決方法を探すことも難しいでしょう。

「この人に相談しても仕方がない」と思われるようでは、社会福祉士としては失格ですよね。

もちろん、人と接するのが苦手な人でも、「社会福祉士の仕事がしたい」「社会福祉士になりたい」という強い気持ちがあれば、その苦手な面を克服し、社会福祉士としてしっかりと仕事ができるかもしれません。

一概に社会福祉士に向いている人と向いていない人とを区別することはできないはずです。

ただし、困っている人の役に立ちたいけれど、人と接するのが苦手で苦痛だという場合には、社会福祉士ではなく、ほかの手段でできることを探しましょう。

ほかにも社会福祉士の仕事はたくさんあります。

さらに働く職場によっても仕事内容が変わるので、そのときに応じた対応が必要になります。

イメージとしては相談業務なのですが、それ以外にも臨機応変に行動できるということも、社会福祉士には求められるスキルといえるでしょう。

こちらに、社会福祉士を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る