音楽療法士の資格取得を目指すために

音楽療法士の資格取得

音楽療法士は民間資格ながら長い間注目されている資格です。

音楽療法士には女性が多く、専門知識や楽器の演奏技術意外にも、病気の方の話を聞いてあげられる優しさなども必要になってきます。

それでは音楽療法士について詳しく見ていきましょう。

音楽療法士はどんな仕事?

音楽には人を癒す力があります。

病院や介護施設など、さまざまなところで高齢の方や病気の方に音楽療法を施すことができます。

音楽療法士になるには楽器の演奏技術なども必要になりますので、軽い気持ちでは挑戦しにくい資格でしょう。

音楽療法士の難易度は?

音楽療法士になるには非常に長い期間がかかります。

ピアノや音楽理論の技術も必要になってきますし、取得しなければならない講義も多いです。

音楽療法士1本に絞って音大へ入るといった方も多いですので、覚悟を決めて取得を目指しましょう。

音楽療法士の資格を得るには、さまざまな学歴や単位が必要になってきます。

以下に音楽療法士への道を載せておきました。

音楽療法士への道その1:
大学や2年以上の専門学校を卒業し、その後日本音楽療法学会認定音楽療法士資格試験受験認定校へ入学し卒業する。

音楽療法士への道その2:
大学や2年以上の専門学校を卒業し、その後3年以上の臨床経験を積み、日本音楽療法学会が主催する資格試験受験のための制度に参加する。

音楽療法士への道その3:
高等学校を卒業し、その後日本音楽療法学会認定音楽療法士資格試験受験認定校へ入学し卒業する。

以上の3つの要件のどれかを満たした後、筆記試験と面接に合格すれば、ようやく音楽療法士の資格を手に入れることができます。

いかがでしたか?

音楽療法士になるには所定の大学へ入学したり、さまざまな要件を満たさなくてはなりません。

ですが音楽で人の心を癒せるのはやりがいのある仕事です。

高齢化社会が進んでいる日本では今後さらに多くの人の役に立つことが期待できます。

音楽療法士は、興味のある方にはぜひとも挑戦して欲しい資格です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る