メンタルヘルスマネジメントは独学で身につくのか

men6

メンタルヘルスマネジメントは、非常に専門的な知識を必要としますから、独学で合格できるかどうかと聞かれると、なかなか難しいかもしれません。

挑戦しようとするメンタルヘルスマネジメント検定の種類によっても違いがありますが、職場の社員のメンタルヘルスを行なう立場の人の場合には、独学よりは他の勉強方法を選択するほうが無難だといえます。

メンタルヘルスマネジメント検定には、Ⅰ種とⅡ種・Ⅲ種とがあって、Ⅰ種とⅡ種の場合には、職場内または会社内で社員を管理・指導する立場の人が受けることになっています。

その分専門的な知識が必要になりますし、労働安全衛生法などの勉強も必須ですから、テキストだけを見ていれば合格できるという考えは甘いかもしれないのです。

メンタルヘルスマネジメント検定試験を受けた人の多くは、テキストが非常にわかりにくいと話しているようです。

どんな試験も同じですが、知識が専門的になればなるほど、テキストはわかりにくくなります。

そのわかりにくい部分をどう理解するか、それが勉強のポイントといってもいいでしょう。

メンタルヘルスマネジメント検定の場合には、通信講座や通学講座を設けているスクールが多くあります。

こういうところであれば、試験日程に沿ったカリキュラムで勉強することができますし、テキストの中身もわかりやすく解説してくれることでしょう。

模擬試験なども行なわれるので、実際の試験の感じをつかむことが可能です。

通信や通学講座でなくても、ヘルスマネジメント検定試験用の対策講座を設けている団体もあります。

全くの独学では、試験問題の出題傾向がわかりませんし、勉強中に悩んでもそれを解決するまでに時間がかかります。

効率よくヘルスマネジメント検定の勉強をして、合格するためには、完全な独学よりも、ほかの力を借りることが大切ではないでしょうか。

費用や時間の損失を考えても、何らかの講座を受けておいたほうが、後で後悔することもありませんよ。

こちらに、 メンタルヘルスマネジメントを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る