メンタルヘルスマネジメント検定の合格するための勉強方法

メンタルヘルスマネジメント検定の勉強方法

メンタルヘルスマネジメントは、会社において従業員などの心の健康を管理できるようになる資格です。

ストレス社会ともいわれる現在の日本、この資格で心だけでなく身体の健康を取り戻しましょう。

メンタルヘルスマネジメント検定 合格するための勉強方法とは?

メンタルヘルスマネジメントは比較的易しい検定試験です。

でも油断は禁物で、メンタルヘルスマネジメント検定は試験ごとに合格率に差があり、実施する回によって合は格率が30%近く違うことも。

試験範囲をまんべんなく学習する必要があるのです。

種別の合格率は?

メンタルヘルスマネジメント検定の合格率は、おおよそ「一種は15%前後、二種は50%前後三種は70%前後」です。

一種になると急に難易度が上がってきます。

どのくらいの期間勉強すれば良い?

メンタルヘルスマネジメント検定三種なら、1ヶ月程度の勉強で合格するかたも多いです。

三種で50時間以上は勉強したいところ。

二種だと100時間程度勉強すれば、かなりの合格率が見込めそうです。

いずれにしても勉強時間にはこだわりすぎず、自分が納得できるまで勉強することが合格への近道ですよ。

過去問を徹底的に解くのがオススメ

メンタルヘルスマネジメントの試験対策は、過去問をしっかりと解けるようにしておくのが良いでしょう。

過去問で平均して高得点が取れるようになれば、本番でも合格ラインを突破できる可能性は高くなります。

ですが注意点が1つ。

最近の試験傾向では過去問よりも難しい問題が出題されることがあるので、確実に合格するにはテキストなど基礎となる部分をしっかりと勉強しておくことも必要です。

以上メンタルヘルスマネジメント検定の勉強法などを見てきましたが、一番良いのは「自分の勉強方法を確立するということ」。

効果的と言われている勉強法にはさまざまなものがありますから、あれこれと目移りしすぎて結局勉強に集中できなかった、なんてことにならないように気をつけましょう。

点数にこだわらず合格ラインの突破を目標としているなら、多くの合格実績を持っている通信講座などを始めてみるのもオススメですよ。

こちらに、 メンタルヘルスマネジメントを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る