介護事務は独学で勉強することは出来るか

介護事務は独学

介護事務は独学で勉強することはできるのか

介護事務の勉強をしたいけれど、独学でやっても大丈夫なのか?

という不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。

また、介護事務の仕事は、勉強をしなくても働けるのではないか、と考えている人もいるようです。

確かに、介護事務の仕事は、資格がなければ絶対にできないということはありません。

その証拠に、介護事務の仕事に従事する人は、専門的な資格が必要という法律はないのです。

介護事務の仕事というのは、介護保険に関する保険の請求などが中心となる事務の仕事ですが、従来の事務とは計算方法などが全く違います。

いくら計算方法が違っても、働くうちにそういった計算は身につくだろう・・・

それも間違いではありません。

ですが、介護事務の求人があるところというのは「介護事務が今すぐできる人」を求めています。

つまり「働き始めてから勉強すればいい」と思っていては、求人に応募しても採用されることはないのです。

即戦力として活躍できる人が必要とされているのです。

そこで、介護事務の勉強を独学でできるのか?ということになります。

はっきり言えば、できないことはありません。要は介護事務の試験に合格すればいいわけです。

実際に独学で介護事務の勉強をして、現場で活躍されている人もいます。

ただし、介護事務に限らず独学で勉強をするというのは、大変な努力が必要です。

勉強の難しさに加えて、「自分をコントロールする強い意思」も重要です。

介護事務は専門的な計算方法を覚えなければなりませんから、独学で勉強するためには、テキストなどに沿ってこつこつ行なうのがいいでしょう。

ただし、専門用語も多いので、独学とはいえませんが通信教育などを活用して、段階を踏んで勉強するのがおススメです。

通信教育であれば、試験日に照準を合わせてスケジュールを組んでくれますから、勉強する側はそれに沿って行なえば、効率よく覚えられるのです。

独りで頑張るのもいいですが、サポートしてくれるところがあると心強いですよ。

こちらに、介護事務を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る