介護福祉士を働きながら取得するために

介護福祉士は働きながら

介護福祉士の資格は、働きながら取得できるのが魅力といえます。

介護福祉士は、専門の学校に通って勉強し、国家試験を受ける方法と、働きながら実務経験を積んで試験を受ける方法とがあります。

専門学校などの養成機関で勉強し、その学校を卒業すれば自動的に介護福祉士を手にできるところもありますが、最近では学校を卒業することが介護福祉士の受験資格として、自動的に資格を与えることは少なくなってきています。

ただし、介護福祉士の養成機関で勉強することは、かなり費用がかかります。

勉強中に実習をすることも多いのですが、その際にも費用が発生します。

ですから、できるだけ費用をかけずに、働きながら介護福祉士の資格を取得する人も多いです。

今のところ介護福祉士は実務経験が3年以上あれば、受験資格が得られます。

実は平成28年度から、介護福祉士の受験資格は変更される予定です。

実務経験3年だけではなく、実務者研修を修了させていなければなりません。

今度は介護福祉士の勉強だけでなく、実務者研修も働きながら受ける必要も出てきます。

ですが、実務者研修は、夜間のコースを設けているところもありますし、自分の仕事が休みのときに勉強する方法もあります。

受験資格に変更があっても、介護福祉士は働きながら取得できると考えていて大丈夫です。

ただし、介護福祉士は国家資格ですから、働きながら簡単に取得できるものではありません。

働きながら勉強をするということは、かなり大変なのです。

介護の仕事は不規則な時間帯で働いていますし、休みも決まっていません。

勉強をするとなると、仕事との両立できついと思うことも多いでしょう。

これから介護福祉士の勉強を働きながらする!

という人は、筆記試験の勉強はもちろんのこと、実務者研修の計画も立てなければなりません。

勉強方法は通信教育や通学などいろいろあります。

自分の生活パターンにあわせて、どんなものが良いか検討し、自分にあったものを探しましょう。

こちらに、実務者研修(介護福祉士養成)を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る