絶対キメる!介護福祉士に受かるコツ

介護福祉士に受かるコツ

介護福祉士の資格試験はそれほど難しくないと言われています。

と言っても受験資格を得るためには実習など長い期間が必要ですので、総合的に見れば難しい部類に入るかもしれません。

ですが資格試験自体は、同じ介護系の資格である社会福祉士などに比べれば合格率も高く、受験資格を持ってさえいれば取得しやすいでしょう。

ここでは介護福祉士に受かるコツを見ていきたいと思います。

2016年度よりも前に取得しておく

介護福祉士は2015年度までに取得しておいたほうが良いかもしれません。

なぜなら、2016年度からは「450時間以上の研修を受講すること」が条件としてプラスされるからです。

もちろんこれは介護福祉士の地位向上などのためなのですが、介護福祉士に合格することを目的とするならば、早めに取得するのが得策でしょう。

過去問を徹底的に解く

これは介護福祉士の資格に限ったことではありませんが、過去問を繰り返し解くことはかなり効率的な勉強法です。

「教科書で勉強する前に過去問から取りかかって高得点を取る」というような方もいるくらい重要です。

最初はわからないことだらけですが、3回、5回と繰り返し解いて解説などを照らしあわせていくうちに、問題が解けるようになるのです。

もちろん過去問を解ければ全ての問題が解けるというわけでもないので、他のテキストもしっかりと勉強した上で、過去問に取り組みましょう。

介護福祉士受かるコツとして「過去問は大切」とだけ覚えておきましょう。

ちなみ通信講座などに申しこめば、過去問などもセットでついてくるので、テキスト選びの時間を短縮することができます。

介護福祉士になるための勉強時間は?

介護福祉士は200時間前後の勉強で合格が可能と言われています。

ですが個人差も大きいので、自分が納得できるまで勉強しましょう。

介護福祉士に受かるコツをいくつか見てきましたが、自分の方法論を考え出すことも大切です。

「いつも通勤電車で勉強する方は○×形式で勉強できるポケットサイズのテキストを選ぶ」など、色んな方法がありますね。

自分が集中できる方法を見つけ出すことも、合格への近道になるのです。

こちらに、実務者研修(介護福祉士養成)を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る