介護福祉士の勉強は独学と通信どちらがいいのか

介護福祉士は独学と通信

介護福祉士の資格を取得するには、その勉強は独学と通信教育のどちらがいいのでしょうか。

介護福祉士の勉強に限ったことではないですが、資格試験を受けるためには、その試験日までの計画を立てて行なうことが重要です。

介護福祉士は国家資格ですから、試験は1年に1回しか行なわれません。

一度落ちてしまうとまた来年まで待たなければならないのですから、できれば1発で合格したいところですよね。

それでは介護福祉士の勉強をするときに、独学と通信教育のどちらがいいのでしょうか。

それぞれのメリットを考えてみましょう。

まず独学ですが、これはなんといっても費用が安く抑えられることです。

介護福祉士の通信教育は、数万円かかるのに対して、独学であればテキストや問題集代くらいでしょう。

かなり安く抑えられるはずです。

また、独学の場合には、課題を提出することがありませんから、自分の生活に合わせて勉強をすることが可能です。

それに対して通信教育の場合、介護福祉士の試験日に合わせて勉強のカリキュラムが組まれています。

それにあわせて勉強を進めていけば、重要なポイントをしっかりと覚えられるので、安心感があります。

サポートもしっかりしているので、わからないところの相談もできます。

さらに、介護福祉士の通信教育では、模擬試験なども行なわれるので、独学よりもより本格的に勉強を行なうことが可能です。

費用はそれなりにかかりますが、得るものも大きいということですね。

介護福祉士の試験になんとしてでも受かるために自分を律して独学で頑張る!

という人は、通信教育は勉強方法の手段から外してもいいでしょう。

独学はどうしても自分に甘くなり、「後でまとめてやれば良い」と思いがちです。

実際にまとめて勉強をするのはとても難しいことなので、どんどん後回しになってしまう可能性も高いです。

もちろん、通信教育で介護福祉士の勉強をしても、自分に甘いところがあると、課題を提出するだけの勉強になってしまいますから心して取り組みましょうね。

こちらに、実務者研修(介護福祉士養成)を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る