介護福祉士とはどういう職業なの?

kaigofukushishi12

介護福祉士とは、簡単に言えば介護をする人のことを言います。

ただし、単純に介護をするだけなら誰でも出来ますが、この介護福祉士は専門やり方でしっかりと看病をしますし、資格も必要になりますので間違えないようにしてください。

そもそも介護福祉士とは、国家資格を獲得した人のことを言います。

介護福祉士になるためには知識と資格が必要になるのですが、その資格が国家資格となります。

それを獲得して仕事をすることでなることができるので目標にしている人は頑張ってみると良いでしょう。

それで、主な仕事内容としては最初にも説明したように介護をすることです。

病院や老人ホームなどのような施設で介護をすることが多く、施設によっては自宅での介護もしているところもあるでしょう。

介護内容としては、基本的に動かない人の生活サポートですね。

動きたいときに手を差し伸べて、食事を持ってきたり、体の状態を確認したりするでしょう。

ただし、専門医師ではないので医療行為はほとんどしません。

兎に角、その人の生活をサポートする人のことを介護福祉士といいます。

ちなみに、この仕事は簡単に思えますが結構重労働であり、精神的にも疲れることが多いでしょう。

それ故に、覚悟がないと長続きしません。

特に体力面でついて来られない、あるいは思っていたような仕事ではないから辞める人が多いので注意でしょう。

介護福祉士の資格について注意がありますね。

この資格を獲得するためには、知識も確かに必要になるのですが、経験も必要になります。

それ故に、勉強だけして資格を獲得するというのが難しいので注意しましょう。

ただし、それを補うためのところがありますので、それを上手くすることで結構短期間で資格を獲得することが出来ます。

もちろん、簡単なことではないので、頑張る必要があるでしょう。

最近ではこの介護福祉士が少ないため求人も多いので、頑張って資格を獲得して仕事をすると良いでしょう。

慣れることで結構気楽に仕事をすることが出来ます。

こちらに、実務者研修(介護福祉士養成)を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る