介護福祉士に向いてるのはどんな人か

介護福祉士に向いてる

介護福祉士は、人の介護をする人のことを言います。

だから、介護に向いている人がこの職に向いている人なので自分がどうかを確認するようにしてください。

とりあえず、向いている人の大まかな特徴としては、気配りできる人が向いていますね。

空気に敏感に反応して何を求めているかを判断できる人、仲間思いで困っている人を助けたい人などは特に向いている仕事と言っても良いでしょう。

あとは、プライドが高い人や卑屈になる人、元気のないような人は介護福祉士には向かないので注意です。

特に、プライドはあっても問題ないのですが、ありすぎると自己中心的な行動を取りやすく、汚れ仕事をしないという傾向がありますので、向かなすぎるので注意しましょう。

介護福祉士は、基本的に体の不自由な人の介護です。

それ故に元気のない人は病気などを治すにもよくないため、元気のない人もダメですね。

それ故に元気よく介護が出来る人が適切と言っても良いです。

老人ホームの介護をしている人などは、結構話しかけられることが多いですね。

それ故に、話をよく聞く人、聞き上手な人が結構向いていると言っても良いです。

もちろん、こちらからも話しかけることで、介護対処者にも良いのでそのようなことが出来る人も良いでしょう。

だから、コミュニケーション能力が高く無いとやっていけないところですのでそれがないなら頑張ってつけるようにしてください。

これは仕事をしながらでもつけることができます。

しかし、相当頑張らないといけないし自分から一歩を出さないといけないので本当に介護福祉士になりたい場合は頑張ってみると良いですね。

ちなみに、チームで動くことがありますのでチームワークがあることも必要でしょう

上記のようなことがあれば介護福祉士に向いていると言っても良いです。

そして、これらがあることで初心者でも介護をしていけるのですよ。

だから、まだまだ何も知らないけど介護福祉士に向いている人なら頑張って挑戦をしてみると良いかもしれません。

ただし、仕事は結構大変ですので覚悟をしてください。

こちらに、実務者研修(介護福祉士養成)を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る