医療事務とは何かを知っておこう

医療事務とは

医療事務について知っておこう「医療事務」とは

医療事務の勉強をするにあたって、まず「医療事務とは」ということについて知っておきましょう。

医療事務は、いわゆる普通の「事務」とは違います。

病院や診療所で医療費の計算や保険組合などへの請求業務が主になります。

通常の事務は、会計処理やいろいろな仕事がありますから、企業での事務とは全く別物と考えておきましょう。

また医療事務の場合、計算業務のほかに、受付などの仕事もあります。

病院や診療所などで受付に座っている制服の職員はほとんどが医療事務担当者だと思ってください。

職場によっては受付だけでなく、診察室や検査室への案内や、患者さんとのやり取りもあります。

医療事務の仕事を長年やっている人の中には、医療事務は接客業も兼ねているという意見もあります。

計算が得意で、人と接することが好きな人には、向いている仕事ともいえますね。

そして、医療事務は民間資格でありながら、全国どの病院でも通用するものです。

民間資格の多くは、住んでいる都道府県でしか使えない、届出をしなければ場所が変わると働けないというものがありますが、医療事務の場合は一度資格を手にしておけば、いつになっても使うことが可能です。

女性の場合、結婚や出産・子育てなどで一時期働けないことがあっても、復帰しやすい仕事ということで人気があるのです。

医療事務が民間資格ということは、逆を返せば資格がなくても働くことができるわけです。

ですが、医療事務というのは、すぐに活躍できる「即戦力」を必要としています。

「知識はありませんがやる気はあります」と言っても、専門的な計算が多い医療事務では、やる気だけでは採用してくれないでしょう。

やはり専門知識は重要です。

医療事務の仕事をするには、まず資格を取り、できるだけ早く現場での経験を積むことです。

即戦力というのは、経験と知識が備わって初めて生かされるのですから、資格を取得したらできるだけ早く現場で活躍したいものです。

こちらに、医療事務を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る