医師事務作業補助者の役割を知っておこう

医師事務作業補助者の役割

医師事務作業補助者の役割は、「医師の秘書的な存在になること」ではないでしょうか。

医師事務作業補助者という仕事自体は、あまり耳にしたことがない人も多いかもしれません。

それもそのはずで、この医師事務作業補助者の資格ができたのは、2007年のことです。

かなり新しい資格といえますね。

この医師事務作業補助者の役割は、何故この資格ができたのかを考えればしっかり理解できるはずです。

2007年、厚生労働省が、翌年の診療報酬海底に向けて、「医療の専門職が、専門性を必要とする業務に専念することにより、効率的な業務運営を行なうこと」を目的として明示しました。

このことにより、医師事務作業補助体制加算制度が設けられました。

つまり、医師事務作業補助者を配置することによって、その病院には補助を出しますよ~ということなのです。

病院側としても、医師不足が問題になっていますから、いかに医師が働き安い環境を提供できるか、医師事務作業補助者を配置することで、その問題を少しでも解消しようとしているのです。

そして医師事務作業補助者は、医療の専門職(つまり医師)が、専門的な業務(治療など)に専念できるように、補佐することを役割として与えられた専門職と言っても過言ではありません。

もちろん、医師事務作業補助者を配置したことで、効率的な運営業務ができたという実績をあげなければなりませんから、責任重大ですね。

医師事務作業補助者は、医師との信頼関係を築き、医師の要望に沿った仕事をするのが役割です。

事務の仕事だからと言って、与えられた仕事を淡々とこなすのではなく、医師が何を求めているかを読み取りながら作業に当たることが大切です。

実際に治療を行なうわけではありませんが、医師事務作業者の働きで、医師が治療に専念できれば、「良い仕事をしている」ということにもなります。

治療に陰ながら貢献しているということですね。これが医師事務作業補助者の大きな役割ではないでしょうか。

こちらに、 医師事務作業補助者を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る