医師事務作業補助者の合格率ってどのくらい?

医師事務作業補助者の合格率

医師事務作業補助者の資格を取得したいと思っている方には、合格率は気になるところ。

ここでは医師事務作業補助者の合格率を中心に見ていきたいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

機関によって合格率は異なる

医師事務作業補助者は、複数の機関や団体が資格試験を行なっています。

ですので受験する団体によってその難易度が異なるというのが、この資格の特徴です。

ある団体では合格率は20%程度、またある団体では70%程度と、どの機関で受験すれば良いのか迷ってしまいますよね。

じゃあ合格率が高い試験を受ければいいの?

一概にはイエスとは言い切れません。

難易度が高い機関が行なっている資格のほうが評価が高い傾向にあるようですし、勉強する内容も高度なものが多くなっています。

ですから信頼性でいえば難易度が高い資格のほうがオススメ。

もちろん「ちょっとだけでも就職に有利になれば良い」という方は、難易度が低めの資格試験を選ぶのも悪くないでしょう。

自分の希望に合った試験を選びたいですね。

どうやって勉強したらいいの?

医師事務作業補助者の資格試験にはさまざまありますが、医療事務系の資格と同じくらいの難易度と言われることが多いです。

ですからある程度は難しい資格ではあるものの、きちんと勉強さえしていれば合格できるレベルです。

もし合格できるかどうか不安になるかたは、通信講座やスクールにかよって、自分のレベルをいつでもチェックできる環境を作るのが良いでしょう。

資格がない人でも医師事務作業補助者になれる

実際に医師事務作業補助者の資格がなくても、医師事務作業補助者として仕事をしている方も多いです。

医師事務作業補助者の資格自体も、ここ数年出てきた資格ですので、まだまだ発展途上の資格と言えるでしょう。

もちろん資格を持っていたほうが少しは就職などに有利に働くことが予想されます。

「医師事務作業補助者の資格は役に立つが絶対ではない」と覚えておきましょう。

こちらに、 医師事務作業補助者を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る