資格のギモン!医師事務作業補助者とは

医師事務作業補助者とは

医師事務作業補助者に興味のある方、増えてきているようです。

でも「イマイチよくわからない」という方も結構多いんです。

ここでは医師事務作業補助者とはどんな仕事をするのか、見ていきましょう。

基本は医師の仕事を補助する

勤務医の仕事は長時間労働が基本で、救急患者の処置など一時も休む暇が無いほど過酷だと言われています。

医師事務作業補助者は、そんな多忙な医師の仕事を助けるために生まれた資格です。

医師の負担を軽くできれば、本来の業務である患者の治療に専念できるからです。

医師事務作業補助者の具体的な仕事は、医師の代わりに診断書を作成したり、電子カルテへの情報入力。

また紹介状や厚生労働省に報告するための診療データの整理など、幅広い仕事を行います。

医師事務作業補助者は医療クラークや医療秘書などとも呼ばれています。

正確性が重視される

医師事務作業補助者は大切な診断書や電子カルテなどを扱う仕事。

ですから仕事の正確性は重要です。

ある程度のスピードを求められることもありますが、何よりも正確さが再重視されるのです。

コミュニケーション能力も必須

医師事務作業補助者にはコミュニケーション能力も必要になってきます。

「診断書を作ったりするのにコミュニケーション能力は必要なの?」という意見もありそうですが、医師事務作業補助者は医師や同僚とのやりとりや、患者さんとのコミュニケーションを取ることも必要なのです。

患者さんからすれば看護婦さんなどと同じですので、病院の人間としての意識を持つことも大切です。

パソコンの操作も必要

ある方は医師事務作業補助者の面接で「パソコンの操作は得意か」という質問を受けたのだそう。

医師事務作業補助者の仕事は患者さんの情報をパソコンで入力する仕事などもありますから、基本的な操作はできるようにしておきたいですね。

就職には必ずしも資格は必要ない

医師事務作業補助者の仕事をするには、必ずしも医師事務作業補助者の資格は必要ではありません。

初心者から一つづつ仕事を覚えていくという方も多いようです。

ですが医師事務作業補助者の資格を持っていると面接の際に有利に働くこともありますので、持っておいて損はないでしょう。

こちらに、 医師事務作業補助者を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る