医師事務作業補助者は独学が可能か

医師事務作業補助者は独学

医師事務作業補助者は近年注目されてきている資格です。

医師不足などの社会的背景が浮き彫りになっている現代では、医師事務作業補助者はますます必要とされてくることが予想されます。

ここでは独学で医師事務作業補助者に挑戦する方法を見ていきたいと思います。

まずは受験資格を得るところから!

いくら独学で試験勉強をすると言っても、受験資格を持っていなければ話になりません。

医師事務作業補助者の資格を受験するためには、

1、指定された教育機関で認定医師秘書講座を修了した者
2、医療機関で6ヶ月以上(32時間以上の研修や講習を受けた者)の実務経験

といった経験が必要になってきます。

資格を持っていても研修期間がある

独学で医師事務作業補助者の資格を取得しても、病院に就職した際には6ヶ月の研修期間があります。

ですから必ずしも医師事務作業補助者の資格が無いと就職できないというわけではありません。

ですが病院で仕事するのは全くの未経験というかたには、医師事務作業補助者の資格はプラスとなって働いてくれるでしょう。

「医療事務系の経験者>未経験の資格保持者>未経験で資格なし」というのが現状のようです。

もちろん医師事務作業補助者の資格以外にも、コミュニケーション能力やパソコン操作のスキルなども、面接時に合わせて判断されるでしょう。

余裕を持って勉強しましょう

医師事務作業補助者の資格試験は、広範囲の内容を勉強する必要があります。

ですので試験直前にまとめて勉強したりするのはオススメできません。

医療の現場で使う知識ですから、「とりあえず合格すれば良い」などとは思わずに、継続して勉強する意識も必要です。

独学が苦手という方は……

医師事務作業補助者の資格は、通信講座やスクールなどを利用すると、効率的に勉強できます。

「独学だと、ついついだらけてしまって勉強に集中できない」という方にはオススメです。

医師事務作業補助者の資格には数種類ありますので、自分が狙っている資格が取れる通信講座やスクールを選ぶようにしましょう。

こちらに、 医師事務作業補助者を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る