全身性障害者ガイドヘルパー養成研修について

全身性障害者ガイドヘルパー養成研修

全身性障害者ガイドヘルパー養成研修とは、全身性の障害を持つ方の移動介護をすることができる資格です。

介護の現場で働く方や、ご家族に障害者がいる方などに役立つ知識や技術を提供してくれます。

ここでは全身性障害者ガイドヘルパー養成研修の受講資格などについて見ていきましょう。

全身性障害者ガイドヘルパーになるには

2日間のほどの講習を受ければ、全身性障害者ガイドヘルパー養成研修が修了できます。

全身性障害者ガイドヘルパー養成研修は土日に講義が行われることが多いので、OLやサラリーマンの方でも安心して受講できますね。

受講資格は?

ホームヘルパーの1級または2級、介護福祉士、介護職員初任者研修などを終了した方が受講対象となります。

これらの要件を満たしていないと受講できませんので、注意が必要です。

全身性障害者ガイドヘルパー養成研修ではどんなことを勉強するの?

車いすの操作方法や、全身性障害者の介助の方法、全身性障害者への声の掛け方など、さまざまなことを学びます。

介護の現場での経験が豊富な講師が、実習などを通して全身性障害者ガイドヘルパーの基礎を教えてくれます。

全身性障害者ガイドヘルパー養成研修はどんな方にオススメ?

全身性障害者ガイドヘルパー養成研修は、障害者の支援を行う仕事がしたいという方や、ご家族などの介護に全身性障害者ガイドヘルパー養成研修を活かしたいと考えている方、ボランティアとしてガイドヘルパーについて学びたい方など、障害者介護に興味のある方にオススメできます。

どんな場所で活躍できる?

全身性障害者ガイドヘルパー養成研修を修了すれば、障がい者支援施設やグループホーム、障害者福祉サービスなどの現場での活躍が期待できます。

日本は今後ますます高齢化社会が進んでくることが予想されますので、全身性障害者ガイドヘルパー養成研修の必要性がさらに増してくるでしょう。

受講料はどのくらい?

全身性障害者ガイドヘルパー養成研修は、だいたい2~3万円前後で受講できますよ。

こちらに、ガイドヘルパーを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る