ガイドヘルパーの必要性について考えよう

ガイドヘルパーは必要性

ガイドヘルパーは、必要性があるのか?これから勉強する人にとっては大きな問題ですよね。

確かに、法律の改正によって、今では「ガイドヘルパー」という資格は、「移動支援従事者」という名称に変更されています(ガイドヘルパーという呼び方をそのまま使用しているところもありますが)。

このままガイドヘルパーの必要性がなくなってしまうのかも・・・と思う人もいるかもしれません。

ですが、ガイドヘルパーの必要性は今後も高くなると予想されています。

その理由として、現在は障害者の法律の中でガイドヘルパーは存在していますが、高齢化が進むことによって、介護分野の中でも「移動介護従事者」が必要にある可能性が大きくなるからです。

つまりガイドヘルパーを必要とする人が、今後も増えることが明らかになっているのです。

ただし、ここで注意しなければならないことがあります。

それはガイドヘルパーの勉強をして、認定証などを手にしても、それだけでは仕事ができるという保障がないのです。

実際にガイドヘルパーの仕事をしている人の多くは、介護福祉士などの資格を持っています。

ガイドヘルパーの受講資格にもそうした資格の条件がありますから、ガイドヘルパーを先に受講するよりは、もう少し専門的な資格を取得しておくと、ガイドヘルパーの講習修了後に、仕事の幅も広がります。

ガイドヘルパーの仕事や採用条件は、自治体などによって違いがあります。

中にはガイドヘルパーではなく介護職員初任者研修の資格だけでも仕事ができると判断するところもあります。

ですが、実際に移動介助を担当するに当たり、専門的な知識を持ち合わせていたほうが、介助される側も安心ですし、自分でも自身を持って仕事をすることができるでしょう。

ガイドヘルパーは今後も必要性が高くなる仕事です。

いろいろなケースに対応できる力を身につけておくことが、その必要性に答えられる人材になれますし、あなた自身の必要性も高くなるはずですよ。

こちらに、ガイドヘルパーを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る