ガイドヘルパー とは何か?そのかけがえのない存在価値の確認

gui4

ガイドヘルパーとは、介護者を外に連れて行くヘルパーのことを言います。

基本的な仕事の内容としては、介護者が行きたい場所に行かせたり、散歩がてらに連れて行ったりというのが仕事の内容でしょう。

家で引きこもりをさせないで外の空気を吸わせるのが目的と言っても良いですね。

ただ外に連れて行くだけでなく、いろいろなサポートをするのもガイドヘルパーの仕事です。

場合によっては、リハビリの練習に付き合ったり、車椅子を移動するときに公共機関に連絡をして乗りやすくしたりすることもガイドヘルパーの仕事です。

ガイドヘルパーの対象となる介護者はいろいろと居ます。

結構多いのが車椅子でしか移動できない人、他にも目の見えない人のサポートや耳の聞こえない人のサポートもしていきますね。

場合によっては特殊な病気の人サポートもすることがありますので結構大変になることがありますね。

結構いろいろな人のサポートをするので、他のヘルパーと同じく嫌なこと、悲しいことなどがありますので注意でしょう。

特に、上手く仕事が出来ないということも結構ありますね。

特に多いのが外に出たがらないという場合です。無理に連れだすのもよくありませんが、介護者のケアも重要なことなのでよく考えて行動をしてください。

ガイドヘルパーで注意しないといけないのが、外でどのような状態かを説明することです。

目や耳が使える人もいますが、使えない人もサポートすることになりますね。

そうなった場合にどのようなところが危険であるかを知らせないといけません。

また、移動しやすいようにサポートをする必要もあります。

そういったことが出来るようにコミュニケーション能力が必要になりますので、これは絶対にあるようにしてください。

ちなみに、車椅子などの介護器具の使い方もしっかりとマスターしていないといけないことがありますので注意です。

あと、上記でも少し説明しましたが、公共機関に連絡をして動きやすくするようにするのも大事な仕事なのでよく考えて行動をしましょう。

こちらに、ガイドヘルパーを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る