福祉用具専門相談員の資格を独学で合格するために

福祉用具専門相談員の資格を独学

福祉用具専門相談員の資格を取りたいけれど、研修に通う時間がない・費用を節約するなどの理由で、独学で勉強しよう!

そう考えている人がいたとしたら、それはちょっと難しいことですね。

独学で勉強し、福祉用語専門相談員の資格を取得すれば、それはとてもありがたいことですし、やってみようと思う人も増えるかもしれません。

ですが、福祉用具専門相談員の資格は、都道府県が指定した、福祉用具専門相談員の講習を受けて、決められた課程を修了する必要があります。

これは、自治体で行う講習でもいいですし、通信教育などで行なわれている講座でも大丈夫です。

自分で福祉用具専門相談員の講習に使われているテキストや参考書を購入して、同じ勉強をすればいいということではなく、「講習を受けた」という証明が必要になるわけです。

つまり、独学で福祉用具専門相談員の資格を取ることは、今の時点では不可能ということになります。

では何故独学で福祉用具専門相談員の資格が取れないのか?

ということになるのですが、福祉用具専門相談員の資格は、認定試験などが行なわれません。

決められた時間数の講習を受け、さらに、実際に福祉用具を用いた実習も行なわれます。

この実習も、福祉用具専門相談員の資格を取るための必須条件ですから、独学で実習をするということはありえないわけですね。

ですが、考えかたによっては、福祉用具専門相談員の資格は、きちんとしたところで講習を受け、その証明として認定証がもらえますから、「ちゃんと講習を受ければ自動的に資格がもらえる」美味しい勉強といえます。

医療や介護方面の資格は、比較的修了試験が行なわれ、一定の成績を取らないと資格がもらえないというものが多いです。

それがきちんと講習を受ければ、福祉用具専門相談員という資格が手に入るのですから、独学で頑張る必要はありません。

確かに費用は若干かかりますが、現在のシステムを理解して、しっかりと勉強することをおススメします。

こちらに、福祉用具専門相談員を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る