福祉用具専門相談員の受験資格の詳細について

福祉用具専門相談員の受験資格

福祉用具専門相談員の受験資格ですが、これは現時点で厳しい条件はありません。

厳しいというよりも、受験資格は特に決められていないのです。

福祉用具専門相談員の講習を受ける人は、これから福祉用具などを扱っている事業所に就職しようとする人や、そういった仕事に興味があるまたは、希望している人、また福祉用具に興味があって、それを専門職としたい人や、在宅介護をする人が自分の知識の一つとして、受講しているようです。

まだ学生だという人も受講しているケースがありますから、しっかり勉強したい人であれば誰でも受けることができるのです。

福祉用具専門相談員は、一定の講習を修了すれば資格がもらえます。

修了試験がないので、きちんと勉強をしていれば資格がもらえますし、それを実際の仕事に活かすことで、福祉用具専門相談員の実務経験としてもカウントされます。福祉用具専門相談員の資格を取って、実際に業務を行うと、その次のスキルアップとして、医療や福祉関係の研修を受けることもできます。

これは福祉用具専門相談員の資格を取り業務に携わっている人を対象に行なわれる、「福祉用具供給事業従事者研修」や「福祉用具供給事業者現任研修」がそれになります。

これらの研修を受け、実務経験が条件を満たせば、ケアマネージャーの受験資格を得ることも可能です。

福祉用具専門相談員の資格は、比較的取得しやすいですが、その資格を活かして実務経験を積むと、国家資格であるケアマネージャーにも挑戦できるのですから、勉強しておく価値はありますよね。

特別な受験資格がなく、講習を修了すれば資格がもらえる福祉用具専門相談員は、仕事の専門性が高く、自分の仕事の幅を広げることが可能です。

自動的に資格が与えられる介護福祉士の中にも、専門性を高めるために、福祉用具専門相談員の講習を受講している人が多いとのことです。

詳しく勉強すればするほど知識が身につきますから、前向きに検討してみてはいかがですか?

こちらに、福祉用具専門相談員を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る