福祉用具専門相談員の就職は難しい?

福祉用具専門相談員は難しい

福祉用具専門相談員の資格が気になり始めた方。

福祉用具専門相談員の資格では就職することは難しいのでしょうか?

ここでは福祉用具専門相談員の難しさや就職する際の利点などについて見ていきたいと思います。

福祉用具専門相談員はどんな仕事で活躍できる?

福祉用具専門相談員は介護用品のレンタルや販売をする仕事や、福祉用具メーカーや介護の現場など、さまざまな場所で活躍できます。

またこれから高齢化社会が加速していくことが予想されますので、今後さらに福祉用具専門相談員のニーズは増えていくことも期待できます。

福祉用具専門相談員は就職で有利になる?

福祉用具専門相談員が就職で有利に働くかといえば、「無いよりはあったほうが良い」という程度。

福祉用具専門相談員の仕事は看護師や社会福祉士など、さまざまな方が兼任できることになっています。

ですからこれらの資格を持っている方は福祉用具専門相談員の資格を取得する必要性も無いでしょう。

じゃあ福祉用具専門相談員は意味ないの?

直接的には「決まりとして仕事で必要だから」という程度に考えている方も多いようですが、ケアマネージャーを目指している方には最初の一歩の資格としてオススメできる資格です。

福祉用具専門相談員として5年以上の実務経験を詰めば、ケアマネージャーの受験資格を得ることができます。

介護福祉士などからもケアマネージャーを目指すことはできますが、「福祉用具専門相談員のほうがラク」と割りきって考えている方も意外と多いようですね。

取得するだけなら難しくない

福祉用具専門相談員の資格を取得するのには、40時間の講習(うち8時間は実習)を受けるだけでOK。

ですからしっかりと講習に出席していれば、取得するのは難しくないでしょう。

ですが福祉用具専門相談員の資格を取得したからといって介護用品レンタルの現場などで即戦力になれるわけでは無いようです。

法律で介護レンタルの事業所には2人以上の福祉用具専門相談員を配置しなければならないと定められているので、必要に迫られて取得するだけ、という方も多いようです。

こちらに、福祉用具専門相談員を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る