福祉用具専門相談員を短期で合格しよう

福祉用具専門相談員を短期

福祉用具専門相談員がありますが、この資格を獲得しようと考えている人はいろいろなところで講習を行っているのでそこに行けば修了することが出来ます。

だから、頑張ってその講習を受けて福祉用具専門相談員になってみよう。

それでその福祉用具専門相談員を短期間で修了するためには、何と言っても講習場所を確保しないといけません。

講習場所にもよりますが、最短で6日間で終わらせることが出来るところがあります。

もちろん、予め勉強をしている場合は更に早い段階で修了させることも出来ますが、とりあえず全部の行程を踏まえて説明をします。

基本的に福祉用具専門相談員は受講が40時間でいいのですよ。

これだけ聞けば結構短期間で終わらせることが出来ると考えますね。

そのうち講義が26時間、実習が14時間というところがほとんどでしょう。

これは必ず受けないといけない時間ですのでしっかりと受けるようにしてください。

特に実習は結構重要で、福祉用具の体験をしながらどのように使うかを勉強するところなので、しっかりと受けるようにしてください。

これによって、相談員の能力が左右されていきますので上手く実習をして良い福祉用具専門相談員になってみましょう。

講習を受けることで確かに福祉用具専門相談員になることが出来る状態になりますが、就職をするなら他の資格を獲得しておくと有利になるでしょう。

例えば、ホームヘルパー、介護福祉士のような資格があれば就職に便利なりますのでとっておくのも良いですね。

ちなみに、受講資格はありません。コミュニケーション能力は非常に重要なものなので出来るようにしてください。

ちなみに、福祉用具プランナーというのが似ていますが、福祉用具プランナーは2年以上の福祉業務が必要になりますが、先程も説明したように福祉用具専門相談員は資格が必要ありません。

他にもカリキュラムの内容が違いますし、修了試験がありません。

そして福祉用具専門相談員はeラーニングを受けることが出来ませんが、福祉用具プランナーは受けることが出来ます。

こちらに、福祉用具専門相談員を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る