リトミックとは何かを詳しく解説します

li3

このところ「リトミック」という言葉を頻繁に耳にするようになりましたが、このリトミックとはどんなこと指すのでしょか。

一般的にリトミックとは、音楽療法の一つで、体の運動をリズムで表し、感覚や意識、行動を調和する効果があるといわれています。

基本的に子供の教育として使われていますね。

日本ではまだなじみが薄いかもしれませんが、ヨーロッパなどでは70年も前から行なわれていたというほど歴史があります。

日本でやっとリトミックが関心を集めるようになってきたことで、いろいろな場面でリトミックが導入されるようになりました。

似たようなものに「ダンス」がありますよね。

どちらも体の動きを使って表現をするものですし、音楽も使います。ですがダンスはどちらかというと身体的な表現が主になります。

決まった音楽で決まった動きを正確に行う、それがダンスというのに対し、リトミックは動きを通じて音楽を学びます。

耳にした音楽に対して、自分の自由な表現をするのです。体の動かし方がちょっと違っているのです。

そして、リトミックは、その人によって感じ方が違います。

ある人は「リトミックをすることで心と体の調和がとれる」といいますし、またある人は「リトミックは音楽的なセンスを磨くことができる」といいます。

それぞれやっている人の感性を磨くためのものといえるでしょう。

音楽療法にも使われるリトミックは、障碍児教育などでも活用されていますから、その効果は実証されています。

ただし、リトミックは、音楽を用いて芸術的なセンスを磨く・・・

といわれると「うちの子供は芸術的なセンスがない」と思う親御さんもいるかもしれません。

ですが、リトミックとは、芸術的なセンスではなく、音楽を聴いてそれを自分が感じた表現をし、感性を育てるためのものです。

音楽を聴いて思った気持ちを体で表す、子供が素直に思ったことを表現できる手段だということです。

大人にはなかなかわかりにくい面もありますが、子供が興味を持つのであれば、是非挑戦させてあげるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る