福祉住環境コーディネーターの試験対策はこれ!

福祉住環境コーディネーターの対策

福祉住環境コーディネーターは、1級以外は比較的易しい試験だと言われています。

でも「比較的」なので、当たり前ですが勉強しなければ絶対に受からないですね。

ここでは福祉住環境コーディネーター資格試験の対策(2級と3級)について見ていきたいと思います。

独学でも取得は可能

福祉住環境コーディネーターは受験資格の必要のない資格ですので、独学での受験も可能です。

もちろん通信講座やスクールに通学した方が効率は良いかもしれませんが、実際に独学で合格した方がたくさんいます。

独学のやり方としては、公式テキストや過去問などを中心に勉強するのがオススメ。

もちろん自分が「これだ!」と思う勉強方法があれば、合格までの道のりがさらに近くなるかもしれませんね。

公式テキストは絶対必要?

福祉住環境コーディネーターには公式テキストがあります。

もちろん公式テキストを勉強するに越したことはありませんが、公式テキストなしで合格した方も多いんですね。

といってもテキスト選びは重要で、市販のテキストの中から選ばなくてはなりません。

一番良いのは色んなテキストを比較してみること。

同じ内容が書いてあっても文章の書き方や文字の大きさでずいぶんと印象が変わってきます。

問題集をしっかり解こう

テキストを読んだだけでは、しっかりと頭に入っていないこともあります。

ですから問題集を反復して解くことを忘れないようにしましょう。

これは福祉住環境コーディネーター以外の試験にも言えることですが、できれば5回、少なくとも3回以上同じ問題集を解くことをおすすめします。

勉強方法が不安という方は、初学者から合格までサポートされている通信講座などを利用すると、安心して勉強ができます。

キャリアアップにも役立つ!

福祉住環境コーディネーターは建築関係や医療・福祉関係の方々のキャリアアップとして利用されています。

福祉住環境コーディネーターは住環境に関わる資格なので、高齢化社会の日本ではやはり建築系の方が取得しても仕事で有利になることが予想されます。

もちろん学生や主婦など、さまざまな層の方々から福祉住環境コーディネーターは人気の資格となっています。

こちらに、福祉住環境コーディネーターを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る