福祉住環境コーディネーターの試験って難しい?

福祉住環境コーディネーターは難しい

福祉住環境コーディネーターを目指す方、増えてきています。

でも福祉住環境コーディネーターを取得した方の中には「難しかった」という人もいれば「簡単だった」という人も。

どっちが本当か迷ってしまいますよね。

ここでは福祉住環境コーディネーターが難しいかどうか、検証していきたいと思います。

福祉住環境コーディネーターって難しい?

一般的には、福祉住環境コーディネーターの試験は「比較的簡単」と言われています。

もちろん人によって難易度は違ってきます。

1日中勉強できる学生と1日1~2時間ほどしか勉強時間が取れないOLや主婦と、それぞれが思う難易度は違ってくるでしょう。

福祉住環境コーディネーター2級で勉強時間が200時間~300時間は必要と言われていますので、1日5時間程度勉強できるなら2ヶ月間、1日1時間程度なら1年近くかかります。

勉強を少しでも効率的にやりたいという方は、通信教育などを利用すると、合格への近道になりますよ。

女性に人気の資格ならではの悩み

福祉住環境コーディネーターは女性に人気の資格ですが、子育てをしながら合格を目指している方も多いんですね。

子育ては仕事のように就業時間がきまっているわけでもありませんし、子供が病気などになってしまうと、どうしても子供を優先してしまいます。

福祉住環境コーディネーターにチャレンジしたいと思っていとも、途中で諦めてしまう方も多いんですね。

仕事と子育てを両立されているかたなら、なおさらです。

そういった女性に多い悩みも、福祉住環境コーディネーターの難しさの基準を左右しているのです。

まずは3級から挑戦する!

福祉住環境コーディネーターは2級と3級の同時受験も可能ですが、仕事や育児が忙しいという方は、まずは3級の合格から目指してみてはいかがでしょうか?

3級に合格して小さな喜びを得られれば、2級を目指すためのモチベーションにつながります。

無理をして2級に挑戦して諦めてしまうよりも、一歩ずつ着実に目標に向かっていくのも良いですよ!

こちらに、福祉住環境コーディネーターを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る