福祉住環境コーディネーターは年齢って関係あるの?

福祉住環境コーディネーターは年齢

福祉住環境コーディネーターの試験を受けるのに年齢制限などはありません。

でも「年齢制限が無いって言っても、実際の現場ではどうなの?」と気になっているかたも多いでしょう。

ここでは福祉住環境コーディネーターとして働く際に年齢は関係あるのか、検証していきましょう。

70歳でも現役!高齢福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとして仕事をしている方のなかには、70代の方もいます。

そのかたは福祉住環境コーディネーターという資格が設立される前からこの仕事をしているのですから、かなりのベテランです。

何十年も仕事をやっている方は知識や経験の量がかなり豊富ですので、20代や30代の方ではどうしてもわからないようなことまで、知り尽くしています。

こういった事例が実際にあると、福祉住環境コーディネーターは年齢ではなくて実力勝負だということがわかります。

もちろん若くして福祉住環境コーディネーターになった方は、これから勉強や経験をする機会がたくさんありますので、ずっと転職として働いていける可能性もありますよ。

福祉と建築の間をつなぐ。それが福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは、介護が必要な人の家を立てたりする時に、大切になってくる仕事です。

建築のプロであっても福祉用具の知識に乏しい方も多いです。

そんなとき福祉住環境コーディネーターがいれば、要介護者に1番良い福祉用具は何かを見極め、より良い住宅にしていくことができるのです。

ですから福祉住環境コーディネーターは福祉関係の知識だけでなく、建築知識の勉強も必要になってきます。

正しい選択をするには、年齢などは関係ありません。

むしろ年齢を重ねた方のほうが、正しい選択ができることも多いのです。

さあ、あなたも福祉住環境コーディネーターに挑戦!

福祉住環境コーディネーターになりたい方は、まずは資格試験に合格しなければなりません。

福祉住環境コーディネーターのテストを受けるには、年齢など受験資格はありませんので、どなたでも挑戦できます。

独学で挑戦するのも良いですし、通信教育や通学のスクールに通うのもオススメ。

1日も早く合格を目指して、あなたの将来をつかみとりましょう!

こちらに、福祉住環境コーディネーターを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る