福祉住環境コーディネーターの難易度をチェック!

福祉住環境コーディネーターの難易度

福祉住環境コーディネーターを目指している方。

受験の目標を立てるためにも、やはり難易度は気になりますよね。

ここでは福祉住環境コーディネーターの難易度について検証していきましょう。

試験自体の難易度は低め

福祉住環境コーディネーターの資格試験は難易度が低めと言われています。

合格率は、3級も2級でも50%程度と言われていますから、きちんと試験範囲を勉強していれば落ちるような資格ではない、と言うことができます。

ただ近年の合格率は20%台~70%台までかなりのばらつきがありますから、油断しないようにしましょう。

福祉住環境コーディネーターはだれでも受験が可能な資格

福祉系の資格は実務経験が必要になるものも多いですが、福祉住環境コーディネーターは実務経験が無い方でも受験できます。

福祉系の仕事への第一歩として受験する方も多いですので、チャレンジしやすい資格とも言えます。

もちろんだれでも受験可能だと言っても、知識ゼロから受験するとなればそれなりの努力も必要になってきます。

2級と3級の同時受験も可能

福祉住環境コーディネーターは2級と3級の両方を一緒に受けることも可能です。

2級が受からなかった際の滑り止めとして両方の試験を受ける方が多いです。

「2級の合格に自信がない」という方は同時受験も視野に入れて考えてみましょう。

試験はマークシート方式

福祉住環境コーディネーターの2級と3級はマークシート方式で試験が行われます。

また1級だけマークシートと記述式の両方でテストが実施されます。

1級は合格率も5%程度と難関ですので、かなりの勉強量が必要になってきます。

何時間くらい勉強した?

福祉住環境コーディネーター2級に受かるためには200時間~300時間程度の勉強量が必要と言われています。

もちろん個人差や元々の知識量にも左右されるので一概には言えません。

少なくとも3ヶ月程度は勉強期間を設けて、余裕を持って試験勉強をするようにしましょう。

こちらに、福祉住環境コーディネーターを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る