福祉住環境コーディネーターの魅力を知っておこう

福祉住環境コーディネーターの魅力

福祉住環境コーディネーターの魅力、それは「一人ひとりが住みやすい場を提供できる」ことではないでしょうか。

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や体の不自由な人に対して、その人が住みやすい住環境を提供するのが仕事です。

住宅改修を行なうことで、その人が家の中で、以前よりも過ごし安い環境を提供できれば、福祉住環境コーディネーターとしても、やりがいがありますしそれが魅力ともいえますよね。

その人にあった場を提供するということは専門家でなければできない仕事です。

もちろん、住宅改修と言っても簡単なことではありません。

段差があるから平らにする・バリアフリーにするということだけではないのです。最近バリアフリーという言葉が頻繁に使われていますが、それを「段差がなくなれば生活しやすい」ことに必ずしも当てはまらないのです。

福祉住環境コーディネーターは、どのように段差をなくしたら、その場所で心地よく生活できるのか、プラスアルファを考える必要があるのです。

同じ障害を持っていても、その人のレベルは違いますから、一つとして同じ改修方法がないというのも、福祉住環境コーディネーターの腕の見せどころともいえるでしょう。

つまり、福祉住環境コーディネーターには、医療や福祉・介護に加えて「建築」という分野の知識も重要ということですよね。

そして、福祉住環境コーディネーターは、医療や福祉・介護だけでなく建築の知識が得られることも大きな魅力です。

介護や福祉の知識はあっても、住宅や建築に関する知識というのは、国家資格保持者でもなかなか持っていませんから、住宅改修においては中心的な存在とも言えるでしょう。

数多くの住宅改修や、病院などの改修などの経験を重ねれば重ねるほど、福祉住環境コーディネーターとしての知識もどんどん積み重なっていきます。

経験がそのまま知識増加に直結する、これも福祉住環境コーディネーターの大きな魅力といえるのではないでしょうか。

こちらに、福祉住環境コーディネーターを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る