福祉住環境コーディネーターのスクールの正しい選び方とは

co6

福祉住環境コーディネーターは、スクールや独学、通信教育などで勉強し、東京商工会議所の実施する試験に合格すれば資格を手にすることができます。

福祉住環境コーディネーターは、民間資格ではありますが、基礎的な知識を必要とする3級から、建築関連の知識を兼ね備えた1級まで、幅広い分野の知識を得られることで人気があります。

2級を取得すると、介護保険を使って住宅改修を行なうときに必要な、「住宅改修が必要な理由書」を作成することができます。

さて、福祉住環境コーディネーターの勉強方法をスクールで、という話になりますが、これは、いろいろな団体でスクールを開講しています。

スクールごとにカリキュラムは違いますが、テキストは同じものを使っているので、勉強する内容にほとんど差はありません。

独学で福祉住環境コーディネーターの勉強をする人も多いですが、スクールの場合には、試験日に合わせてカリキュラムを組んでくれているので、効率よく勉強を進めることができます。

ただし、スクールに通う場合、その時間と費用、スクールの場所などを考慮しなければなりません。

仕事をしながら福祉住環境コーディネーターの勉強をするときには、スクールが通勤の範囲内にないと、仕事との両立が難しくなります。

また、取得した福祉住環境コーディネーターの資格を活かして、仕事を探したい場合には、就業指導をしてくれるスクールを探すのがおススメです。

福祉住環境コーディネーター1級になると、学習内容はかなり専門的で難しくなります。

独学で勉強するのはちょっと難しいはずです。

勉強する内容が複雑になればなるほど、独学ではなくスクールなどを利用しましょう。

ですが、スクールに通わなければ、福祉住環境コーディネーターの勉強ができないわけではありません。

それにスクールを開講しているところも、地域によって数に差があります。

なかなかスクールが見つからないときには、通信教育を利用するのも一つの方法です。

こちらに、福祉住環境コーディネーターを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る