高齢者コミュニケーター講座の正しい選び方

ko2

高齢者コミュニケーター講座について関心を持つ人が増えてきています。

日本はかなりの高齢化が進み、今後も高齢者の数が爆発的にふぃえると予想されています。

家族の中でも介護の心配をしている人もいるでしょうし、今後介護の仕事をしたいと思っている人もいることでしょう。

ですが、核家族化が進んでいる昨今は、高齢者とどのように話しをしたらいいかということがわからないというケースが多くなっています。

高齢者とのコミュニケーションが難しく、介護の現場で働き始めた人の中にも、仕事がうまく進まないと悩んでいる人もいるのです。

また、ボランティア活動に興味がある、一人暮らしのお年寄りの力になりたいなど、高齢者とのかかわりを持ちたい人は、何の知識も無いまま話をしても、なかなか言葉のキャッチボールができないことが多いです。

特に老人施設などに「傾聴ボランティア」として訪問した人が「会話が続かない」「認知症のかたとどんな話をしたらいいかわからない」と、次の訪問をしり込みしてしまうケースもあります。

もしも、高齢者とのやり取りに知識があれば、もう少し有意義な時間をすごせたのに・・・と思うことも少なくないでしょう。

そういうときに活用してほしいのが「高齢者コミュニケーター講座」です。

この高齢者コミュニケーター講座では、通信教育で高齢者の心身の状態を把握し、コミュニケーションの基本的な知識を学びます。

そして、高齢者とどのような形でコミュニケーションを図ればいいのか、段階を踏んで勉強していきます。

まずは簡単な会話から始まり、その中で興味を引きそうな内容を探り話を深めていく、このシュミレーションなどを繰り返して高齢者とのコミュニケーションのとり方を勉強していきます。

自分でわからないことがあれば、その都度専門の講師が質問に答えてくれます。

通信教育ですから、自分の都合のいい時に勉強をすればいいですし、機会があれば勉強中に老人施設などで、ボランティアをしてみるのもおススメです。

こちらに、高齢者コミュニケーターを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る